気功ヒーリングについて


私たちは身体に異常があるとき「元気がない」「気力がない」など、気をいう言葉をよく使います。 気とはいったい何でしょう。
気とは、人間の生命エネルギー源で、 人体のすべての臓腑・器官・組織に働きかけています。image
また同時に血液・体液などを全身に輸送する原動力 でもあります。つまり気がなければ、血液の流れが停留したままで、気が あってはじめて血が循環されるのです。気と血が、全身を順調に循環して いる状態が健康です。身体がおかしくなるのは、気の不足、気と血のバランス が悪いため、循環が悪くなっているから起こるのです。 これが中国の気の医学の基本的な考え方です。

気功ヒーリングとは、まず外気を発して経絡の流れ・バランスなどを感じ とり、改善する療法です。気の足りないところは補充(補気・ほき)して、 気があり過ぎの場合は瀉(すくって捨てる)で取ります(瀉気・しゃき)。
気が足りないとは、冷え性など血が末端まで行っていない、また全身の疲労など 気があり過ぎるとは、胃潰瘍など炎症を起こしているところと考えていただくと 解りやすいと思います。また邪気のついているところは、邪気を体外に排出させて 気と血が全身をスムーズに流れるようにします。
*外気(外気功)
  百合(頭頂のツボ)と湧泉(足の裏のツボ)から、気を取り入れ
  労宮(手のひらのツボ)より気を出して、病気を改善する療法のこと
*経絡
  中国の医学(中医学・漢方医学)で気血が人体をめぐり流れる経路を経絡と言う
*内気
  体内の気、体内を流れる気のこと

≪ 邪気について ≫

邪気については、1999年に奥平明観という方が医道の日本社より「邪気論」 (2800円)というタイトルで出版されています。邪気とは、病気などを起こす 悪い気のことです。気功ヒーリングをしていて、実際に邪気を排出するときに、 川島は音も聞こえますし、手に出て行く振動・感覚も感じます。気功ヒーリング を受けて戴いている方の中にも、邪気を排出する音を聞いたり・邪気が動くのを 体感している方もおります。邪気がついている部分は、正常に機能していません。 また、邪気を取り去ると同時に痛みが消えたりもします。気功ヒーリングは、内気を 動かして邪気を排出しやすくします。身体の機能を正常化して、自然治癒力を高めます。

≪ 遠隔療法(遠隔送気)とは ≫

本人がその場にいなくても、遠く離れた場所にいる状態でも、気を送り 病気を改善する技術・療法です。遠隔療法と対面療法の最大の違いは、 身体の内部まで直接改善できるという利点があります。普通は対面療法 よりは効果が落ちますが、場合によっては遠隔療法がよいときもあります。 遠隔療法は、身体の内部・その病巣の部分まで改善することができます。 遠隔で心臓・消化器系ほか、その臓器だけに送気することもできますので、 いわゆる通常の方法ではありえない効果が期待できます。その他、精神不 安定の方、原因がはっきりしない場合なども効果があります。詳しくは お問い合わせください。

≪ 修練を積んだ気功師とは ≫

気功師の内気は、任脈、督脈の小周天の中で循環しています。小周天の基礎 に立って、さらに修練を積み重ねれば、全身に気が循環するようになります。 これが完成すると大周天となります。気功師は高いレベルの入静の境地に至り 特殊な能力を生み出します。潜在能力が発現し、同時に自身の邪気を排出して 健康・知力も増進されるのです。修練によって潜在能力も開発され、人の病気 を改善することができるようになります。
*小周天とは、
気を下腹部にある丹田など(必ずしも丹田でなくても良い)で感覚化した あと、任脈(身体の前面の正中線)、督脈(頭部からビテイ骨下までの身体の背部の正中線) に通し、身体を一周させるトレーニングです。
*大周天とは、
任脈・督脈以外に足の裏の湧泉まで気がいく状態をさします。  また気が・全身をめぐるようになった状態も大周天と言います。

注意:小周天・大周天は必ず修練を積んだ気功師の指導下でおこなってください。    自己流は体調を崩す場合もあります。

≪ 気功と催眠の違いとは ≫
   (がん・難病を治す気功パワーを科学解明)   

                     2001.2.9 週刊ポスト222ページより
催眠療法士が被験者に催眠をかけた場合、催眠療法士の脳波に変化がないにも かかわらず、かけられた側の左脳を中心に、ベーター波が強く出た。一方、 気功師とその被験者の場合、気を送り始めた気功師の脳にベーター波が現れる と、それに同調するかのように被験者の脳にもベーター波が現れたのである。 気功師の左脳にベーター波が現れた時は被験者も左脳に、右脳に現れた場合は 右脳に、と、気功師と受け手の脳波がたちまち同調していくことが明らかになった。 「左脳は人間が言葉を理解するといった知的な活動をつかさどっており催眠療法士 の被験者は結局、催眠療法士の言葉に誘導されただけといえるでしょう」この実験 から、気功と催眠とは全く性質が異なるものだといえよう。

*川島のヒプノセラピーは、外気を送りながら催眠に誘導します。
催眠状態に入りやすく、また深いやすらぎを得られ、心と身体を同時に癒していきます。
  

BACK

Copyright(c) 2003-2013 カウンセリングルーム カワシマ All Rights Reserverd.